行政評価

行政評価とは、目的妥当性・有効性・効率性・公平性の4つの視点から行政活動の成果を把握し、改善を行う手法です。

 「PDCA」サイクルを用いて、総合計画の政策体系である「基本目標」「大綱」「項目」「手段」の結びつきを検証し、住民から見た行政の価値を評価します。行政評価システムは「まちづくりの課題を解決するための最も重要な道具である」と考えています。一時的な経費節減の手段ではなく、まちづくりの課題解決を図るための継続的な手段です。