令和2年7月豪雨により被災された方に対する固定資産税の減免について

登録日:2020年12月14日

 令和2年7月豪雨により被災された方に対して、それぞれの資産区分の損害程度に応じて減免します。

 損害の程度によって減免の対象とならないこともありますので、詳しくはお問合せください。

 

〇減免の対象者、税額

 対象者:町内に被災した固定資産を有する納税義務者

 対象税額:発災の日(令和2年7月4日)以後に納期限の到来する分

 

〇減免の内容

家 屋

 り災(被災)証明書により半壊以上と判定された家屋(申請は不要です)

損害の程度(所有する家屋) 軽減又は免除の割合
全壊と判定されたとき 全部
大規模半壊と判定されたとき 10分の6
半壊と判定されたとき 10分の4

 

土 地

 土地が流出、埋没又は崩壊し、作付け不能又は使用不能となった場合(申請が必要です)

減免の対象となる損害の程度 軽減又は免除の割合 申請に必要なもの

被害面積が当該土地の面積の

10分の2以上であるとき

損害の程度により

・全額

・10分の8

・10分の6

・10分の4

・減免申請書・印鑑

・被害状況が分かる写真

・被災した土地の場所が

 わかるもの(位置図)

*減免申請に基づき現地調査を行います。

 

償却資産(申請が必要です)

減免の対象となる損害の程度 軽減又は免除の割合 申請に必要なもの

・当該償却資産が廃棄または

 修復不能のとき

・修理費が当該償却資産の評価      

 額の10分の2以上であるとき

損害の程度により

・全額

・10分の8

・10分の6

・10分の4

・減免申請書・印鑑

・被害状況が分かる写真

・償却資産種類別明細書

(該当資産にチェック)

・修理に要する見積書又は

 領収書

 *減免申請に基づき現地調査を行います。

 

〇税額の還付

 既に納付した税額が、減免後の金額を超えている場合の差額については、後日還付となります。

 

〇対象期間

 令和3年3月31日(令和2年度)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。
詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

税務課 固定資産税係

電話番号:
0966-82-2511(内線124・125)

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?