令和2年7月豪雨に係る宅地内の土砂混じりがれき自費撤去費用の償還について

登録日:2020年10月1日

 令和2年7月豪雨によって宅地(事業所を含む。)内に堆積した土砂混じりがれきを、既に自費で撤去された方を対象として、芦北町が費用の償還を行います。

◆受付期間 令和2年10月1日(木)~令和2年10月30日(金)
◆受付場所 芦北町役場 1階
◆受付時間 午前9時~午後5時(平日のみ)
◆償還対象要件
 令和2年8月3日(月)(町による土砂撤去申請受付開始日)より前に契約されている方。
 ※期限までに契約はしたが、施工前の場合を含む。
◆受付に必要な書類等
  (1)申請書 ※押印箇所について、印鑑を水害により紛失された方は、無くても受け付けます。
  (2)申請者の身分証明書(写真付き)の写し
  (3)敷地配置図(撤去した宅地内土砂混じりがれきの範囲を明記。手書き可。様式以外も可)
  (4)状況写真(撤去前・撤去中・撤去後)(様式以外も可)
  (5)撤去に係る契約書の写し
  (6)撤去費用に関する領収書の写し
  (7)土砂等の撤去費用や撤去数量の内訳が分かるものの写し(見積り明細、請求書内訳票など)
  (8)撤去で排出した宅地内土砂混じりがれきを産業廃棄物として処理した場合のマニュフェスト伝票

     の写し(町の仮置場に搬入した場合は不要です。)
  (9)委任状(申込者と土地の所有者が異なる場合)(実印及び印鑑証明書が必要)
  (10)申請者名義の振込先口座番号や名義人等の情報が分かるものの写し(通帳など)

 

◆特記事項

■家屋及び家財の撤去や、家屋の清掃、消毒作業に係る費用ついては、対象外です。
■宅地(事業所を含む。)内に堆積した土砂等を撤去した場合に限ります。なお、農地に堆積した土砂等

 の撤去に係る費用は対象外です。
■宅地内の崩れた斜面の復旧など、現状復旧や改良工事は対象外です。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。
詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

建設課

電話番号:
0966-82-2511
ファックス番号:
0966-82-2893

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?