令和2年7月豪雨災害に伴う国民健康保険及び後期高齢者医療の被保険者証の取り扱いについて

登録日:2020年7月31日

 8月からの被保険者証を7月中に送付予定でしたが、今回の災害により郵送できておりません。

 つきましては、被保険者証の取り扱いについて、次のとおり対応します。

 

 

◆国民健康保険の被保険者証をお持ちの方

 被保険者証の有効期限を7月31日から10月31日に延長します。

 

 ただし、7月中に70歳に到達する方は8月1日から負担割合が変わります。また、70歳から74歳までの方は、8月1日から負担割合が変わる場合もあります。8月以降に医療機関等に受診の際には、受付の方に役場住民生活課に負担割合を確認していただくようお伝えください。

 

 また、75歳に到達する方は誕生日から被保険者証の種類が変わりますので、別途手続きが必要です。

 

◆後期高齢者医療の被保険者証をお持ちの方

 8月1日以降、新しい被保険者証が届くまでの間は、現在お持ちの被保険者証をお持ちください。

 

 また、「限度額適用・標準負担額減額認定証」についても、現在お持ちの方で、引き続き該当となる方には、被保険者証に同封する予定です。新しい認定証が届くまでは現在お持ちの認定証をお持ちください。

 なお、新規申請の方は手続きが必要です。

 

◆一部負担金が猶予または免除されます

 この度の災害により、次の1から5までのいずれかに該当する方は、医療機関等の窓口でその旨を申告すると、一部負担金が猶予または免除されます。

 1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方

 2.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負われた方

 3.主たる生計維持者が行方不明である方

 4.主たる生計維持者が業務を廃止または休止された方

 5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

 ※後日、本町から被災状況等の確認をすることがあります。

 ※県外の医療機関等でも同じように受診できます。

 ※入院時の食費、生活費などは、お支払いいただく必要があります。

お問い合わせ先

住民生活課医療年金係

電話番号:
0966-82-2511
ファックス番号:
0966-82-2893

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?