幼児教育・保育の無償化と副食費の無償化について

登録日:2019年9月30日

令和元年10月1日から、幼稚園・保育所・認定こども園等を利用する3~5歳児クラス等の子どもたちの利用料が無償化されます。 

幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する子どもたち

★ 3歳児から5歳児クラスの全ての子どもの利用料が無償化
★ 0歳児から2歳児クラスの子どもは、町民税非課税世帯が無償化
 ● 私学幼稚園については、月額25,700円まで無償化となります。
 ● 無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
   幼稚園等の教育部分については、満3歳から無償化の対象となります。
 ● 本来は、無償化に伴い、副食(おかず・おやつ等)の費用は実費負担となりますが、
  芦北町独自の取り組みとして、副食の費用についても無償化します。
  詳しくは、本ページの下部をご確認ください。
 

認定子ども園(教育部分)等の預かり保育

★ 保育の必要性の認定のある、3歳児から5歳児クラスまでの子どもの利用料が、月額11,300円まで無償化
 ● 利用日数に応じて1日あたり450円、月額11,300円まで無償化
 ● 満3歳(3歳になった日から3月31日まで)の町民税非課税世帯は、月額16,300円まで無償化

認可外保育施設等(※1)

★ 保育の必要性の認定のある、3歳児から5歳児クラスまでの子どもで保育所等(※2)を利用していない場合、利用料が月額37,000円まで無償化
 ● 0歳児から2歳児クラスまでの町民税非課税世帯の子どもは、月額42,000円まで無償化
 ※1:届出済認可外保育施設、一時保育、病児保育、ファミリーサポートセンター等
 ※2:認可保育所等、一定基準(平日8時間かつ年間200日)以上の預かり保育を実施している幼稚園もしくは認定こども園

障害児通園施設等(※1)

★ 3歳児から5歳児(※2)の子どもの利用料を無償化
 ● 幼稚園、保育所、認定こども園、認可外保育所等と併用する場合も無償化の対象
 ※1:児童発達支援、医療型児童発達支援、居宅訪問型児童発達支援及び保育所等訪問支援を行う事業所、福祉型障害児入所施設、医療型障害児
    入所施設

 ※2:無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校就学前までの3年間です。

その他の情報

★国の幼児教育・保育の無償化についての特設ホームページが開設されています。
 こちらもご確認ください。 ⇒ 幼児教育・保育の無償化 特設ホームページ

 

給食費(副食費)の無償化について

芦北町では、幼稚園・保育所・認定こども園等を利用する
3~5歳児クラスの子どもたちの副食費を無償化します。 

〇 令和元年10月から、3~5歳児クラス等のお子様については保育料が無償化されるため、保育料をお支払いいただく必要がなくなります。

〇 一方で、副食費(おかず・おやつ等)については、無償化の対象となりませんので、これまで保育料に含まれていた副食費は実費負担となり、保育所等に直接お支払いいただくこととなっています。 

〇 そこで、芦北町では町独自の取り組みとして、これまで行っていた保育料の軽減措置に加え、更なる子育て世帯の負担軽減を図るため、3~5歳児クラスの副食費を無償化します

【対象者及び対象額】

〇 芦北町に住所を有する3~5歳児の子どもの保護者 ※満3歳になった後の4月1日から対象です。
〇 3~5歳児の副食費相当額 ※主食は今までどおり持参、または園に支払となります。
〇 芦北町の副食費補助基準額(月額4,500円)を超える額については実費負担となります。
  ※副食費の金額は園により異なります。

 

お問い合わせ先

福祉課

電話番号:
0966-82-2511
ファックス番号:
0966-82-2893

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?