住宅耐震化を支援します

登録日:2017年4月5日

 熊本地震では、家屋の倒壊・家具の転倒などにより、多くの生命財産が失われました。

大きな被害を受けた建物のほとんどは、昭和56年5月以前に建築された木造住宅でした。

 いつ大きな地震が起きても大丈夫なように、住宅を耐震改修し補強しておくことが大切です。

 本町では、住宅耐震化を促進するための補助制度を平成29年4月1日から開始しますので、ご利用ください。

補助制度概要

 耐震補強設計事業補助金  
  • 対象となる方

    補助対象住宅の所有者で、芦北町の町税を滞納していない方

  • 対象となる住宅

  以下のすべてを満たす住宅(併用住宅含)

  1. 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と評価されたもの
  2. 芦北町内に存在する戸建木造住宅で、現に住宅所有者の居住の用に供されているもの
  3. 昭和56年5月31日以前に着工したもの、又は昭和56年6月1日以降に着工したもののうち、平成28年度熊本地震により被災し、災害対策基本法に基づく被害認定調査において被害認定されたもの
  • 補助額  補助率5/6 限度額25万円
 耐震改修事業補助金   
  • 対象となる方

   耐震補強設計事業補助金と同じ

  • 対象となる住宅

   耐震補強設計事業補助金と同じ

  • 補助額
       
    (一 般)補助率1/2 限度額60万円
       (小規模)補助率1/2 限度額40万円

耐震シェルター等設置事業補助金

 

防災ベッド等設置事業補助金

  • 対象となる方

   耐震補強設計事業補助金と同じ

  • 対象となる住宅

    耐震補強設計事業補助金と同じ

  • 補助額
      シェルター)補助率3/4 限度額30万円
           (ベッド)補助率3/4 限度額30万円

 (お問い合わせ先)

芦北町役場 82-2511 

 総務課 防災交通係 (内線218)

 建設課 建築係   (内線232)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。
詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?