育児・介護休業法および男女雇用機会均等法が改正されました

登録日:2017年1月24日

 妊娠・出産・育児期や家族の介護が必要な時期に、男女ともに離職することなく働き続けることができるよう、育児・介護休業法および男女雇用機会均等法が改正され、平成29年1月1日から全面施行されました。

改正のポイント

  1. 介護休業の分割取得
  2. 子の看護休暇、介護休暇の半日単位の取得
  3. 介護のための所定労働時間の短縮等の措置
  4. 介護のための所定外労働の制限(残業免除)の制度の新設
  5. 育児休業・介護休業が取得できる有期契約労働者の要件緩和
  6. いわゆるマタニティーハラスメント等の防止措置義務の新設

詳しくは熊本労働局雇用環境・均等室にお問い合わせください。

お問い合わせ先

熊本労働局 雇用環境・均等室

電話番号:
096-352-3865
ファックス番号:
096-352-3876

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?