平成27年1月1日から
障害福祉サービス等の利用に係る難病患者等の疾病が拡大されます

登録日:2014年12月26日

 平成25年4月1日からの障害者総合支援法の施行に伴い、障がいの範囲に「難病等」が追加されています。

 対象となる疾病は130疾病で、障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた「障害福祉サービス等」の受給が可能となりました。

 今回、平成27年1月1日からは、「障害福祉サービス等」の対象となる疾病が、130疾病から151疾病へ拡大されます。

 対象となる方は、障害者手帳をお持ちでなくても、必要と認められた支援が受けられます。

【利用できる障害福祉サービス等】
障害福祉サービス(居宅介護、生活介護、就労継続等)・相談支援・補装具・地域生活支援事業

【手続き】
 対象疾病に罹患していることがわかる証明書(診断書など)を持参し、福祉課へ相談若しくはサービスの利用を申請してください。
(その後、障害支援区分の認定や支給認定等の手続きを経て、必要と認められるサービスを利用できます。)


※今回追加されます対象疾病を始め、詳細については以下のリーフレットをご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。
詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

福祉課

電話番号:
0966-82-2511
ファックス番号:
0966-82-2893

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?