補装具費支給制度について

更新日:2019年3月26日

概要

 補装具とは、義肢や装具、車いす、補聴器など障害により失われた身体機能を補い、日常生活を過ごしやすくするための用具です。

 補装具費支給制度では、身体障害者及び難病患者等で補装具が必要と認められる人に、補装具費を支給するほか、制度により購入した補装具が破損した場合は、修理費を支給します。

 ※補装具の支給を受けるためには事前に申請が必要となります。

 ※なお、介護保険対象者の場合は、種目により介護保険での給付が優先されます。

補装具例

障害種別 補装具(例)
視覚障害 盲人安全つえ、義眼、眼鏡
聴覚障害 補聴器
肢体不自由 義肢(義手、義足)、装具、車椅子、電動車椅子、歩行器、歩行補助つえ
両上下肢及び音声言語機能障害 重度障害者用意思伝達装置
内部障害 車椅子、電動車椅子

種目ごとに障害程度等級等の条件があります。

※介護保険対象の方については、介護保険の福祉用具と共通する補装具(車いす、電動車いす、歩行補助つえ、歩行器)を希望する場合、原則として、介護保険による福祉用具貸与を優先します。

対象者

 ・身体障害者手帳所持者

 ※手帳の等級によっては支給できない補装具もありますので、詳しくは下記担当までお尋ねください。

 ・難病患者

自己負担額

 原則基準額の1割負担となります。ただし、負担が高額にならないよう、所得区分ごとに負担金額の上限が設定されます。

 また、市町村民税所得割額が46万円以上の世帯は対象となりません。

必要なもの

 ・申請書

 ・補装具の見積書(補装具によって診断書が必要なものもあります。)

 ・指定医師の意見書(様式は福祉課にあります。)

  県のホームページからダウンロードすることもできます。

  (意見書様式) http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_24664.html

 ・マイナンバーのわかるもの

 ・印鑑

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。
詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

福祉課障がい者福祉係

電話番号:
0966-82-2511(内線153)
ファックス番号:
0966-82-2893

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?