○芦北町認定こども園移行支援交付金交付要綱

令和2年3月24日

告示第35号

(趣旨)

第1条 この要綱は、保育所から認定こども園に移行した施設の運営の円滑化及び保育環境の充実を図ることを目的として、町が予算の範囲内において交付する芦北町認定こども園移行支援交付金(以下「交付金」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 交付金の交付を受けることができる者は、町内において就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第17条の規定による認可を受けた幼稚園機能部分を有する幼保連携型認定こども園(以下「認定こども園」という。)とし、交付対象者が認定こども園に移行した初年度から3年目までを交付対象の期間とする。

(交付金の額等)

第3条 この要綱の交付金の交付金額等は、次の表のとおりとする。

区分

交付金額

初年度

年額 3,840,000円

2年目又は3年目

各月初日の幼稚園機能部分の利用児童数が7人を下回った場合に交付するものとし、下記の計算式に基づき当該月の交付金額を決定する。

(7人-月初日の幼稚園機能部分の利用児童数)×78,000円

(交付金の申請)

第4条 交付金の交付を受けようとするときは、芦北町認定こども園移行支援交付金交付申請書(様式第1号)に関係書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(交付の決定)

第5条 町長は、前条の申請書を受理したときは、当該申請に係る書類等の審査及び必要に応じて行う現地調査等により、交付金の交付の適否を決定し、交付対象者に芦北町認定こども園移行支援交付金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

2 町長は、前項の審査を行い、交付金の交付を行わないことを決定したときは、芦北町認定こども園移行支援交付金不交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知する。

(交付金の返還)

第6条 町長は、偽りその他不正な行為により、交付金の交付を受けた者があるときは、交付の決定を取消し又は既に交付した交付金の全部若しくは一部を返還させることができる。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

(期間)

2 この要綱は、令和5年3月31日をもって廃止する。

画像

画像

画像

芦北町認定こども園移行支援交付金交付要綱

令和2年3月24日 告示第35号

(令和2年4月1日施行)