○芦北町役場と支所との間の戸籍事務取扱規程

平成17年1月1日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 芦北町役場(以下「本庁」という。)と田浦基幹支所(以下「支所」という。)との間の戸籍事務取扱に関しては、戸籍関係の法令又は訓令等に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(帳簿等の保管)

第2条 戸籍簿、除籍簿、改製原戸籍簿及び再製原戸籍簿並びに戸籍法施行規則(昭和22年司法省令第94号)に定める帳簿は、本庁において保管する。

2 戸籍事務取扱準則(昭和53年熊本地方法務局訓令第74号)に定める諸帳簿は、本庁において保管する。

(届書等の処理)

第3条 支所へ戸籍の届出があったときは、届書及び添付書類(以下「届書等」という。)と照合確認の上、適正な届書等であると認めた場合は、届書等に受領年月日(様式第1号)を記入し、次条の戸籍等に関する送達簿(様式第2号)に記入し、受理しなければならない。

2 支所において届書等を受理したときは、写しを取り、原本を速やかに本庁へ届けなければならない。

3 支所は、届書等の写しについては、本庁において当月分の処理が終了するまで保管しなければならない。

(届書等の送達)

第4条 支所は、戸籍等に関する送達簿を備えて、戸籍の届書等の収発を明確にしなければならない。

(戸籍の記録事項証明等の作成交付)

第5条 支所において、戸籍又は除かれた戸籍の記録事項証明書及びその他の戸籍証明書(以下「証明書」という。)の交付請求があったときは、交付申請書を審査して交付しなければならない。

2 各支所には、電子情報処理組織の端末機を置き、証明書を作成交付するものとする。

(受理及び不受理証明)

第6条 受理及び不受理の証明は、戸籍の届書等を受領した支所又は戸籍の届書等の受理若しくは不受理を決定した本庁で交付するものとする。

(帳簿等の廃棄)

第7条 帳簿等の廃棄については、本庁において一括処理するものとする。

(報告)

第8条 支所における証明書等の交付に関する統計は、翌月10日までに本庁に報告し、本庁で集計の上処理しなければならない。

(官公署に対する通知等)

第9条 他の官公署に対する報告、通知等は、本庁において行う。

(埋葬許可証及び火葬許可証の交付)

第10条 埋葬及び火葬の許可証は、死亡届又は死産届を提出された本庁又は支所で交付する。

附 則

この規程は、平成17年1月1日から施行する。

画像

画像

芦北町役場と支所との間の戸籍事務取扱規程

平成17年1月1日 訓令第2号

(平成17年1月1日施行)